猫との暮らし、里親探しボランティアの事とか、いろいろ...

by 315cat

慰霊祭。

先日10月6日に鹿児島市動物管理事務所で行われた慰霊祭に
参加させていただきました。

私にとっては初めての慰霊祭。


率直な気持ち....


虚しい。 の一言です。


管理事務所にはいろいろは理由で動物が持ち込まれます。犬、猫が
主ではありますが。その全てに飼い主さんが見つかるわけではなく
「殺処分」という方法でこの世から姿を消してゆきます。

ワンちゃんは少しずつ減りはしているものの、猫ちゃんはほぼ横ばいから、増加。
鹿児島の場合、猫ちゃんだけで年間約1000匹ぐらいです。
単純に考えて、1日3匹の命が失われるのです。


持ち込む方は、このような理由を並べます。




道路で怪我をしていた負傷動物です..... 彼らはまだ生きていますよ。


訳あって、飼い続けることが出来なくなったペットなんです.....
訳があっても、それをどうにか解決できる努力をしましたか?
そして、それはそんなに優先する「訳」なんですか?
知人で飼ってくれる方を探したりしたのでしょうか?



自分の家で飼っていたペットが子供を産んだ。これ以上は無理....
大好きなペットの子供たちですよ? 愛おしいと思わないのですか?
そして、なぜ、きちんと避妊、去勢手術をしなかったのですか?



近所の人が連れてきた、野良ネコ....
本当に野良ネコですか?
あなたにとっては目ざわりかもしれませんが、彼らも必死に生きています。



迷い犬(猫)ですが、飼い主が現れないので、処分します....
動物は私たちの所有物ではないはず。
新しい飼い主さんを探す努力を精一杯したのでしょうか?
私たちの都合で、動物の命が左右されていいのですか?
彼にはもしかしたら、新しい出会いがあるのかもしれませんよ。



私にとってはこれはすべて、「理由」ではなく 「言い訳」にしか聞こえません。



「本当に彼らは殺されなければならなかったのだろうか」



絶対に私は理解できない。


奪われた命を慰める「慰霊祭」なのでしょうが、私たち人間が 慰霊祭を行うことに
よって、日頃の殺処分という愚行を


「悪いとは思っているんだよ、でも仕方ないんだよ。
私だちだって辛いけれども....」という「罪悪感を表す」という行為で消化しようと
している人間サイドの都合による言い訳としか思えないのです。


慰霊祭には、私の娘と同じぐらいの子供さんがいらっしゃいました。
多分、なんでこんなことをしているのか理解など出来るはずもなく。

でも、私は自分の子供たち世代に

「より住みやすい社会環境作りのために、市民サービスの一環として税金を使って
動物たちを処分しています」(噛み砕いていったらこうね、多分)


なんて、とてもじゃないけれども言えません。



「命を大切に」って習ったじゃない? 習わなくても、みんな心に思うでしょ??
自分より弱いものを大切にしなくちゃって。




市長さん、鹿児島に住んでいる皆さん、

新幹線が開通することよりも、
グリブーのイベントが盛り上がることよりも、
篤姫の次は、坂本竜馬かどうかなんてことよりも、


それよりも何よりも。


他に解決しなければならない大切な事、あると思うんですが。



慰霊祭に参加した夜、涙が止まりませんでした。
でも、すべての人に考えて欲しいんです。


「泣きたいのは、私たちではなく、私たちの都合で処分された動物達だ」という事実を。


これからもこんな事を続けていっていいのですか?
[PR]
by 315cat | 2010-10-16 15:50