猫との暮らし、里親探しボランティアの事とか、いろいろ...

by 315cat

動物を使った展示。

春休みを使って、阿蘇ファームランドと、カドリードミニオンに行ってきました。

普段の日曜日は、ほとんどが里親会で終わってしまうので、
娘たちへのせめてもの、罪滅ぼしです。

ファームランドでは、念願のキノコのようなドームのコテージに泊まることができて
子供たちは大喜びでした。

一方、私たち夫婦は久しぶりのアスレチックで、バタンキュー。
旅の疲れを温泉で癒す間もなく、あっという間の2日間。


どちらの施設も、動物達に触れ合うことができて、子供たちにとっては
楽しい時間が過ごせました。


が、普段動物との関わりを考えることが多いせいか、
どうしても、動物を使った展示を見ると、ついつい辛口になってしまいます。

「この触れ合い方では、動物にとっては、かなりの負荷がかかる」


だとか、そういう類の。


やはり、動物を使ったエンターテイメントは、人間にとっては便利(というか、楽しくても)
動物にとっては、多かれ少なかれ、負担であることが多いです。


そんな目線で、動物たちのいる施設に行くと、なんとなくツライ。
せっかくのレジャーだったのに、そんな目線で考えてしまう自分に気がついて、
楽しめない。

なおの事、ブルーになってしまいました。


そういえば、年末にサーカスを見たときもそうだった。

ムチで打たれるライオンたちを調教師が得意げに操るのをみて
涙が出そうになった(のは、私だけじゃないはず?)


動物愛護をしていると、動物と人間の幸せな関わりについて
考えることが多くなるけど、現代人のそれは、私が考えるものとは
ちょっと違うみたいです。


なんだか、急に自分がアンチな人間に思えてきました....。

ダメネ。


普通というか、平均的な感覚って大切。
[PR]
by 315cat | 2011-04-04 00:26