猫との暮らし、里親探しボランティアの事とか、いろいろ...

by 315cat

ご報告、にこちゃんが亡くなりました。

本当に、長くblogを書かずにいました。

なかなか、書く気になれずにいたのですが、私の中でも少し整理がついたので
お知らせしなくては、とようやく 気にかけてくださる方のために ご報告です。

以前より、闘病中でした「にこちゃん」が 3月25日に亡くなりました。

亡くなる2週間ほどまえから、獣医の先生より

 

「あと、2週間生きられるかな...という状態です。
貧血もひどいですが、この状態での輸血をしても ちょっと厳しいです」

と告げられました。

かねてから、白血病、エイズ、そして腎臓病と闘っていましたが ここにきて耳に血腫も出来、
顔全体の皮膚までもが免疫力低下により、脱毛して皮膚炎を起こし、ひどい状態になっていました。



亡くなる当日の朝、頭がグラグラしだして、

たぶん、今日かもしれないという覚悟はありましたし、もう長くはない事も覚悟していましたので、
最後は割と穏やかに送れたように思います。


正直なところ、もっと堪えるかもしれない....と不安だったのですが、それよりも
いままでの制限された空間や生活状況から考えると、不自由な今の生活よりも、
天国では自由に走り回れるのだな、と思ったら、やっとにこは自由になれたんだな、という気持ちの
ほうが大きく、複雑。


私と にことの出会いを話すと長くなってしまうので、詳しくは過去記事(コチラ)とご覧ください。


今まで応援してくださった方、そして懸命に治療してくださった中央愛犬病院の獣医さん&看護師さん。
そして、ボランティアメンバーの方に心より、感謝いたします。


最後に、虐待されても人間を慕っていた愛らしい猫「にこ」の写真とともに。

b0153022_2239446.jpg


※私とにこが初めて会った日。シャンプーされたり、検査されたりいろいろと大変だったのにも
かかわらず、ケージに収まり なんとなく嬉しそうな様子のにこちゃんでした。

ありがとね、そして ごめんね。

[PR]
by 315cat | 2012-03-29 22:34 | 猫の話。